「今年も開花しそうにないのかな?」
Ihara SokoはHarumaに問いました。
「どうでしょうね……原因さえ分かればいいのですが……」

彼らの見つめる先には、一本の大きな幹。

「私が肥料をやり、水をやっても、毎年咲きませんからね……私は嫌われているんでしょう……」

Harumaは少々落ち込んでいるご様子。

「ふむ……他の者に聞いても分からない?」
「分かっていれば、毎年咲いているはずですよ!」
「そ……そう怒らずに……たしかにそうですが……」
「一流の盆栽師に聞いても、この桜の木だけは分からん!って言われましたよよよ……」
「そうか……でもやはり、専門家でなければ、解決しそうにないですね……」

2人とも考え込むばかりでしたが、先に口を開いたのはIhara Sokoでした。

「私は貿易大臣ゆえ、他国とコンタクトがとれる。一度他国ではどのように育てているか聞いてみましょうか。年中咲き続ける桜もある事ですし」
「そうですね。いつも助けてもらってばかりですが、今回もお世話になってみましょう……」
「うむ……」

Ihara Sokoは親書を用意すると、ガードと共に異国の地へ向かいました。


「遠いところからはるばるようこそ。」

ブラックソーン王は彼らを王室へ招き入れました。

「初めてお目にかかります王様。徳之諸島の帝国にて貿易大臣を務めているIhara Sokoと申します。以後お見知りおきを。」

「よろしい。早速要件を聞こうではないか」

「はっ。実は…………」


「……私にできる事は少ないが、この国には勇敢な冒険者・街を統括する首長、そして市民がいる。彼らが協力してくれるかもしれん。
以前そなたの国を守る為に勇敢に戦った者達に、もう一度助けを求めるのも一つの手かとは思うが。いかがかね?」

「そう……ですね。しかし傍から見れば些細な事案。これに協力してくれる人は……」

「この国には良くも悪くもいろんな者がおる。しかし協力してくれる冒険者、市民は多いと思うぞ。一度願ってみてはどうかね。」

「わかりました……! 異国の事案ではありますが、協力者を募ってみます」

「うむ」


  • ブラックソーン城に異国からの使者『Ihara Soko』が訪れました。
  • 協力できる方は、ブラックソーン城内にいる彼に「こんにちは」など声をかけてみましょう。物語の一部を体験することができます。
  • 一定期間後、新しいフィクションを掲載いたします。各キャラクター(NPC)はフィクションが新しくなった際にセリフが変わる場合があります。
  • このフィクションは、今後数回に分けて掲載、実施予定です。